自治体がシニアの就業・起業を支援!!シニアの社会参加を促す。

パソコン操作をしているシニア男性

少子高齢化が嘆かれているが、それを逆手にとった活動が全国の自治体で行われている。

人生経験豊富なシニアの活躍推進をすべく、シニアの社会進出を促す取り組みが実施されており、人手不足の緩和に期待がかかっている。

シニア人材活用で人材不足緩和へ。社会促進促す自治体。

どの業界においても人手不足が深刻になっている。

そこで全国の自治体は、人手不足の緩和や技能の伝承を進めて地域の活性化に繋げる方針で、埼玉県は企業に高齢者の活躍の場を広げてもらうためハンドブック「シニア活躍推進宣言」を作成し、意亭の職場環境を整備している企業を「宣言企業」として認定する制度を開始している。

ハンドブックは定年を廃止したり多用な就労形態を準備したりするほか、高齢者雇用を拡大するために埼玉県中小企業診断協会と連携して1000社訪問を進めている。

神奈川県は起業を目指す中高年向けのビジネススクールやセミナーを開くとしており今までの経験を生かしたいシニアなどにビジネスプランの作り方などを学んでもらい起業を支援する。

大分県は高齢者の就業機会の向上を目指し「シニア雇用推進オフィス」を開設。

企業のシニア向け求人をサポートしてシニアが働きやすい職場環境づくりを提案するとしている。

高知県は「高知版CCRC構想」を公表しており、事業計画のための手順や導入例、社会保障負担と経済効果のシミュレーションを示すなど事業者を後押ししている。

このように、全国各地の自治体でシニアの社会進出促進から、地域活性化を狙う動きが活発になっており、若者の雇用が減る中、新たな雇用の流れができそうだ。

 

【「日系MJ」より一部抜粋。】


関連記事

タカキューがバイト従業員を一斉研修で接客強化!!

中堅紳士服専門店のタカキューはアルバイト従業員を対象にして一斉研修を導入し、新規スタッフの指導は関東や関西など地区別に従業員を集めて、接客やクレーム対応などを教え込み、接客を強化すると共に離職を防ぐとしている。 今までは […]

詳細を見る

写真、映像作品の魅力を伝えよう!!

瞬間の空気を切り取る写真に人々の心を動かすことのできる映像。 それぞれの魅力を多くの人に知ってもらうような作品の募集をしている公募をご紹介します。   静岡の魅力を写真で伝えよう!! 静岡県文化財団と静岡県はが […]

詳細を見る

新たに義務化されるメンタルヘルス対策セミナーを受けよう!!

昨年、労働安全衛生法の一部改正に伴い、常時50人以上の従業員を使用する事業場はストレスチェックと面接指導の実施等が今年12月から義務化されます。 しかし、一体、どのようにしてメンタルヘルス対策をすればいいかわからないとい […]

詳細を見る