ロック・フィールドで朝食販売開始!!ついで買いを促す。

ロック・フィールドで朝食販売開始!!ついで買いを促す。

総菜店「RF1」などを展開するロック・フィールドは朝食メニューの取り扱いを開始するとして注目されている。

オムレツやスープなど8種類を販売する方針で、当日の夕食を買う客のつで買いを狙うとしている。

 

夕食のおかずと一緒に朝食も…。

ロック・フィールドは、「RF1」などの総菜店で8割の客が当日の夕食のおかずを購入しており、今回、そうした夕食のおかずを購入しにきた客をメーンターゲットとして、翌日の朝食のおかずもついで買いしてもらえるようにと、新たに朝食メニューの販売を開始した。

まずは16日~29日の期間限定で実施。

首都圏や関西で、サラダが中心のRF1以外に、総菜のセレクトショップ「グリーン・グルメ」や洋風総菜「オーボンデリ」など4ブランドを販売するとしている。

また、販売する朝食メニューは「自家製ソーセージ&ベーコンの温製プレート」(税別920円)や「15品目トマトスープ」(同365円)などパンにあわせやすいメニューを展開している。

少子化や共働き世帯の増加により、顧客数や来店頻度を大幅に伸ばすのは難しく、今後は朝食に続いて高齢者向けのメニューも販売し、顧客あたりの買い上げ点数を増やす狙いだ。

現在、こうした総菜の主要販路である百貨店が減少傾向にあり、新メニューの開発や生産技術などのメーカー力が試されている状態となる中、生き残りをかけて今後も新商品の開発は急務となりそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

ロック・フィールド


関連記事

スープ朝食は具で勝負!食品メーカー各社が競い合う。

スープ

食品メーカーが朝のスープ需要の開拓に注力している。 単身世帯や共働き世帯の増加で朝食の準備に力を入れている。 最近、単身世帯や共働き世帯の増加により朝食の準備に時間をかけられない傾向が強まっている。 そうした中、餃子など […]

詳細を見る

五・七・五の言葉遊び!楽しい川柳の公募色々!

「サラリーマン川柳」が毎年メディアを賑わせるように、現代の川柳は言葉遊びで自身の体験や世相をクスリと笑うものが好まれています。ユーモラスな川柳を募集する公募を見てみましょう。 高速道路川柳 五・七・GO! 募集期間:~2 […]

詳細を見る

格安で天ぷらが食べ放題!?常にできたてを食べられるの?

天ぷらをお腹一杯食べたいと思ったことはないだろうか。 一般的に高級な和食といったイメージが強い天ぷらだが、居酒屋「九州熱中屋」などを運営するダイヤモンドダイニング子会社のゴールデンマジック(東京・港)は新たに天ぷらを扱う […]

詳細を見る