なぜ多い!?女性のアルツハイマー

アルツハイマー認知症と一括りにしても、種類は様々ある中で、男性より比較的長生きをする傾向にある女性の場合はアルツハイマー型認知症にかかりやすいのは何故だろうか。

病院を選ぶ際の性差について

一般的に大病院思考の強い日本においては、患者一人ひとりにおいて質の高い医療・看護をするには、限られた人材や財源の有効活用が求められる。より質の高い医療・看護を受信するためには、地域で信頼できる「かかりつけ医」を持ち、その医師に受信する仕組みをつくるのが良いと考えられるが、その病院選びに関して男女間で性差があるようだ。

大病院においては、20歳~39歳までは女性患者が多いが、40代になると男女ともほぼ同数になる。そして50代になると女性より男性受信者が多くなる傾向にある。これに関しては、会社組織でのヒエラルキーの中で長い年月働いてきた中高年の男性が持つ権威主義的な考えの影響があるとみられている。それに対して、女性の場合は大きな医療機関=安心といった先入観を持たずに、人からの口コミを大事にして評判の良いクリニックを探して自分で判断を決めているという。

75%の女性が認知症になる!?

2015年1月には、厚生労働省は認知症患者が団塊の世代が75歳以上になる10年後の2025年には約700万人に達するという推計を公表している。つまり、65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症患者ということになる。そして、この中でも脳の一部が萎縮していくアルツハイマー型認知症は、男性より女性のほうが多いという。

厚生労働省認知症対策総合研究事業の調査によると、75歳までは男女共に認知症患者はほぼ一定の割合で上昇していく。ところが、高齢になるにしたがい、女性患者の割合が男性と比較して高くなる傾向にあるそうだ。この性差の原因については不明だが、変化の乏しい生活を送っていると認知症になりやすいとされているため、女性は50代から努力をするべきだろう。


【「PRESIDENT 2015・3・2」より一部抜粋】


関連記事

子どもの学力向上なるか?「脱ゆとり教育」とは!

2014年度の大学受験生は2008年に改定された新しい学習指導要領による教育を受けた世代として初めての大学受験となりました。学習内容が縮小傾向にあった「ゆとり教育」から一転、内容・授業数を増加させたいわゆる「脱ゆとり教育 […]

詳細を見る

【派遣と請負の違い】

派遣とは派遣会社が雇用する労働者を、派遣先の指揮命令を受けて派遣先に労働力を提供することをいいます。一方で請負とは、仕事の発注者と請け負った労働者との間に指揮命令関係が生じません。この点は派遣と異なります。あくまで労働者 […]

詳細を見る

インフルエンザについて正しい知識を持とう!

毎年冬に感染拡大を見せるインフルエンザだが、これはどの程度の知識を皆さんが持っているのだろうか。正しい知識を今一度確認しよう。 インフルエンザの主な症状や種類 インフルエンザは呼吸器感染症で、この特徴は38℃以上の高熱や […]

詳細を見る