森永製菓が居酒屋と連携しデザートや甘酒提供。

甘酒

甘酒を若者へ販促すべく、森永製菓は居酒屋チェーンと連携して甘酒を使った限定メニューを打ち出す。

交流サイト(SNS)を使ったキャンペーンサイトを実施するなどして、若い世代に訴える。

 

ジー・テイスト×森永製菓。甘酒メニューを限定展開。

森永製菓は甘酒の新たな販促として、居酒屋「村さ来」などを展開しているジー・テイストと連携して、同社が運営しているチェーン居酒屋のブランドで、首都圏の約30店にて11月から甘酒を使った期間限定メニューを提供するとしている。

若者や女性を意識したメニューで、甘酒を加えたサワーやノンアルコールカクテルのほか、ぜんざいや杏仁豆腐といったデザートをそろえている。

店舗では甘酒の味を楽しんでもらうだけでなく、家庭でも簡単に取り入れることができるメニューを提案することで、スーパーなどでの販売増につなげる。

SNSでは短文投稿サイト「ツイッター」や画像共有アプリ「インスタグラム」を使った販促キャンペーンを実施するとしている。

11月中の期間限定で抽選を毎日実施し、当選者には日々メールで告知を行うことで、キャンペーンを通じて甘酒を飲むことの習慣化を狙うとしている。

甘酒は健康や美容に良いというイメージが広がり、需要が増えている。

森永製菓によれば購入者は50代以上が中心で、同社は若者向けの販促と合わせ、甘酒の持つ健康効果を訴求するために、皮脂を抑制する効能を確認する研究などにも取り組んでいる。

今冬には原料を厳選した新商品も投入予定だ。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

中国の高齢化が巨大な介護ビジネスの市場に!!

日本で少子高齢化により、高齢者一人につき若者の負担割合が年々高まっていることが嘆かれている。 ただ、それに合わせてシニア層向けのビジネスの市場は非常に大きく有望なものとなっている。 それは日本の隣にある中国にも同じことが […]

詳細を見る

ワインをソーダ割りでさっぱりと。サントリーワインが飲み方提案。

ありそうで無かったワインの飲み方の提案を行っているのは、サントリーワインインターナショナルだ。 夏場はワインの需要が低迷する時期だが、創業期の商品であるワイン「赤玉スイートワイン」をソーダで割った「赤玉パンチ」や氷で冷や […]

詳細を見る

古い家電に要注意!新しい省エネ家電で賢く節電しよう!!

家電の省エネ進化はめざましいものとなっている。製造から年数を経ているモデルと現行モデルを比較すると、ほとんどの商品の消費電力が削減されている。買替えで消費電力が50%もダウンすることもあるようなので、古いモデルのものは思 […]

詳細を見る