夏場の出産に備えてベビー用品が急上昇している!?

夏場の出産に備えてベビー用品が急上昇している!?

中国人は冷えを嫌う傾向あることから、夏場に合わせて出産計画を行うようだ。

インバウンド(訪日外国人)市場で存在が大きい中国人は、ブランド物や家電を大量に買っているイメージがあるが、実は夏に備えてベビー用品を大量購入しているケースがあるようだ。

 

SNSの口コミで広がる日本での商品。

中国版ツイッターといわれる「新浪微博(ウェイボ)」など中国の交流サイト(SNS)では日本旅行に関する口コミが広がっている。

「日本で買い物をしたい」と書き込んでいる中国人が多いようだ。

中国のSNSの投稿を収集するホットリンク(東京・千代田)の「図解中国トレンドExpress」調査で5月2日に書き込まれた「日本で○○を買った」という口コミを収集、集計したところ次の表のようになった。

2015年 2016年
医薬品 1位 化粧品
化粧品 2位 医薬品
生活用品 3位 ベビー用品
食品 4位 健康食品・サプリメント
目薬 5位 服飾
紙おむつ 6位 生活用品
冷却ジェルシート 7位 靴下・下着
お菓子 8位 お菓子
魔法瓶 9位 魔法瓶
炊飯器 10位 炊飯器

この表からわかることは、「ベビー用品」が今年は3位になったことだ。

中国の連休である労働節にベビー用品が大量に売れたことは、出産準備が関係していると考えられている。

紙おむつの爆買いは今までもあったが、今年はベビークリームやベビーフードなど商品に広がりが見られた。

中国人にとって、口コミは消費行動を決める上で重要な情報源となっており、その信用度はメディア報道よりも高いとされている。

また、中国人のSNS上での投稿で日本への関心が高いことは、メンツを重視していることが関係しているとされており、人気の高い日本での体験をSNS上に投稿することで彼らのメンツが満たされるとしている。

こうした中国人の動きが背景にあり、日本のベビー用品が売れたと推測される。

今後、こうした中国人の文化なども勘案したインバウンド対策をすることが重要になるだろう。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

子供向け音楽教室「ヤマハ」が日曜も開講!?

子供を音楽教室に通わせたいが、平日は夫婦で共働きをしているため土曜日しか受講できず、受講を諦めるといったケースが多々あったようだ。そういった需要を取り込むべく、音楽教室の「ヤマハ」は日曜開講を開始するようだ。 最終的に約 […]

詳細を見る

良品計画は女性パートを積極採用。労働力の8割は女性!!

女性の社会進出が顕著になっている。 たとえば最近、トラック運転手の人手不足が嘆かれているが、その人材を補うために職場環境から女性が過ごしやすくし、女性ドライバーを採用するなど行っている企業が増えている。 良品計画において […]

詳細を見る

兵庫・猪名川に新たな物流拠点が誕生!?

兵庫県猪名川町は、産業拠点地区と位置づける大規模な町有地に物流施設開発大手のプロロジス(東京・千代田)が大規模な物流施設になり、大量の雇用創出と大幅な税収増に繋がる見通しとなっているようだ。   新たに物流拠点 […]

詳細を見る