牛カツ専門店、4年で100店に拡大へ。

牛カツ

肉料理チェーン店を運営するゴリップ(京都市)は2020年7月期まで牛カツ専門店「京都勝牛」を100店と現在の4倍に増やす計画だ。

立地などで店舗を3タイプに分けて、フランチャイズチェーン(FC)の加盟店の募集を本格的に開始し、これにより一気に店舗網を広げていく方針だ。

 

京都勝牛が訪日外国人客を人気に追い風へ。

京都勝牛は、現在、東京都内や京都、大阪、福岡など約30店展開しており、豚カツに変わる和食として提案を行っている。

大半の店舗は伝統的な和食店のような外観にして、店頭には牛肉の塊を展示するなど「京都発」のイメージを強調する。

立地に応じて提供するメニューを変えるとしており、観光客の多い立地では平均客単価を1400円、ビジネス街などでは1100円、地方・郊外などでは800円としていく。

出展拡大に向けてこのほどFC事業部を立ち上げたところ、全国から出展要請が相次いでいるという。

既存店の売上も好調で、例えば、訪日外国人が多く観光している京都駅前にある店舗では、平均月商が120万円と全体の70万円を7割上回っている。

ゴリップは豚バラ肉を焼いてレタスで包む韓国料理、サムギョプサル専門店「ベジテジや」、熟成肉のステーキ専門店「ゴッチーズ・ビーフ」などを全国で展開している。

今後はFC展開により牛カツ専門店「京都勝牛」を4年で100店舗まで拡大を加速させていくとしている。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

男性向け宿泊プランを拡充!!疲れを癒す男旅!!

男の一人旅で疲れを癒す。 男性向けの宿泊プランの拡充を行っているのは、東京都港区の「グランドプリンスホテル新高輪」だ。   疲労を癒して男を上げる!?男一人のホテルステイ。 同ホテルが提供している男性向け新サー […]

詳細を見る

訪日外国人向けの地図検索アプリが誕生!!

ビザの発給緩和や公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」の整備などで2020年東京オリンピック招致活動により年々、中国や韓国などアジア圏を中心とし、訪日外国人が急増している。 そうした訪日外国人の旺盛な需要を取り込むア […]

詳細を見る

仙台に有料老人ホームが続々建設!!

少子高齢化の加速が続いている日本において、文字通り、高齢者が増加が止まらない状況となっており、全国各地の介護福祉施設では高齢者があふれかえっているという状況になっている。 その一方、介護施設はサービス付き高齢者向け住宅( […]

詳細を見る