介護職員同士の交流を行うサイト開発!!

介護職員同士の交流を行うサイト開発!!

介護職員にとって悩みは尽きないだろう。

デイサービスや特別養護老人ホームなどの施設で高齢者のケアの方法だけでなく、仕事をする上での人間関係など幅広い。

しかし、同じ施設の中の人間同士で悩みや相談をしにくいといった環境にある場合はどこに相談すればいいのだろうかと悩んでいる介護職員も多いと考えられることから、そうしたニーズを引き出すために専用の相談サイトが立ち上がった。

 

情報交換の悩みを解消!?介護職員向けの専用相談サイト!!

ウェブ制作のクリエ・ココ(岡山市)は、介護職員向けのポータル(玄関)サイト「meets care」を開設した。

今まで介護の仕事をする上で相談したいが誰にも言えなかったということもなくなるだろう。

介護職員の悩みで多いとされているものが、人間関係の悩みや転職などについてだ。

介護職員は人間関係の問題から、他の介護施設に転職するといった流れが一般的となっているが、相談や交流がサイト上でできるようになれば変わることも考えられる。

まずは無料でサービスを開始し、9月を目処に有料サービスを導入するとしている。

悩み相談だけでなく、仕事のノウハウなどで掲示板で共有してもらうことを想定しており、関連ニュースや福祉車両の使い方などのコンテンツも提供するとしている。

収益源は広告料や有料会員の会費を収益源として運営を行う。

同社は介護施設のレクリエーション素材を販売するウェブサイトや、クラウドを使った介護記録入力サービスを展開している。

将来的には採用情報の掲載のほか、市場調査にも役立てたいと考えている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

小林製薬が中国人客を囲い込みへ。

薬

中国人に人気の「神薬」をそろえる小林製薬が訪日外国人の消費を囲い込む動きが活発になっている。 ドラッグストアなどの売り場でも盛況で、中国語の店頭POPなども用意されており、3年後をめどに中国での医薬品販売にも乗り出すとし […]

詳細を見る

増えるシニアの雇用。「70歳以上勤務OK」初の2割超え!!

少子高齢化が加速し、若者の雇用が思ったようにできないといった企業が増えている。 そうした背景から、経験もあるシニアの雇用を積極的に行っているという企業が増えている。   ついに初の2割超!! 70歳以上のシニア […]

詳細を見る

老眼鏡フレーム多彩に!!眼鏡専門店Zoffがシニア開拓へ。

眼鏡専門店「Zoff(ゾフ)」を運営するインターメスティック(東京・港)は、店舗で取り扱う老眼鏡の種類を増やすとしている。 シニア層の顧客も増えており、さらにシニア層の顧客を取り込むために老眼鏡のフレームの種類を増やすと […]

詳細を見る