お盆休みの観光・レジャー需要堅調。祝日高価で消費が動く!?

お盆休みの観光・レジャー需要堅調。祝日高価で消費が動く!?

日本ではお盆休みで国内の観光・レジャー需要が堅調で、北海道新幹線や九州では熊本地震に関する復興割引サービスが追い風となって、お盆以外の時期でも消費が動くことが期待されている。

 

「山の日」も消費の追い風に!?お盆休みの動向。

今年から山の日が祝日になったことで、旅行や行楽といったお盆時期に計画する動きが強まった。

東日本旅客鉄道(JR東日本)では予約数が10~18日時点で10%増えている。

地域別の予約数は以下の表のよになっている。

●JR各社のお盆時期の予約数(前年同期比増加率%)

新幹線 在来線 合計
JR北海道 2.3倍 10 66
JR東日本 10 9 10
JR東海 7 3 6
JR西日本 4 9 4
JR四国 17 17
JR九州 0 4 2
6社合計 8 7 8

JTBでは、主力国内旅行商品「エース」の予約人数が北海道方面で5%増加で、楽天の旅行予約サイト「楽天トラベル」では、北海道旅行予約が1割程度増えている。

新幹線の新函館北斗駅に近い函館大沼プリンスホテル(北海道七飯町)はお盆時期の予約客室数が33%も増加している。

九州方面も地震の復興支援で旅行代金を割引する「九州ふっこう割」を使った旅行が好調のようだ。

日本旅行では、8月の九州方面の予約人数が前年同月比より約4%とプラス基調に転じている。

一方、レジャー施設など「短距離」需要も堅調で、よみうりランド(東京都稲城市)や東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)は夏季限定イベントでお盆の需要を取り込んでいたようだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

認知症の介護費削減へ。公文の新しい学習モデル。

勉強

公共教育研究会(大阪市)が認知症のプログラム「学習療法」で新しいビジネスモデルを描いているようだ。 慶応大学と共同でこの夏まで1年間実施した調査によれば、介護度が「1」近く抑えられることが実証されており期待が高まっている […]

詳細を見る

サイトで注文し自宅へ出前が中国で人気に!?

うなどん

日本においては当たり前のように行われている出前が中国で人気となっているようだ。 特に注目を集めているのは出前代行サイトで、様々なジャンルの飲食店を自宅やオフィスで届けてくれる利便性が会社員や学生を中心に好評のようだ。 & […]

詳細を見る