成田と地方を結ぶ夜行バスが登場!!訪日客需要を取り込む。

バス車内

京成電鉄が成田空港と地方を結ぶネットワークを拡充しており、成田と富士山や河口湖を4時間で結ぶ高速路線の運行を開始した。

 

インバウンド需要を取り込む、成田と地方を繋ぐ高速バス。

●成田発着のバス・鉄道を強化

バス路線拡充
  • 富士山・河口湖向け路線
  • 京都・大阪行きをUSJに乗り入れ
  • 大江戸温泉物語発着を増便
サービス充実
  • 車椅子用リフト付きバス
  • 特急と観光タクシーをセットに

京成バス(千葉県市川市)が今夏から新たに、成田空港と富士山や河口湖エリアを4時間で結ぶとした。

運賃は4400円で、事前決済で3300円となる。

8月からはバスの片道乗車券と富士山周辺の鉄道・バスが2日間乗り放題になる乗車券(料金は大人5850円)も発売した。

京成グループの千葉交通(千葉県成田市)は、南海バス(堺市)と共同運行しているバス路線をUSJまで乗り入れるようにして利便性を高めた。

USJ-成田空港間で7760~9060円利用できる。

鉄道の使い勝手も向上させる。

帝都自動車交通(東京・中央)と組んで成田空港から京成上野駅までの特急「京成スカイライナー」の乗車券と、同駅からホテルまでのタクシー料金をセットにした乗車券の販売を行い、途中では東京スカイツリーなどを経由して、車窓からの東京の景色を楽しむこともできる。

訪日客は2回目、3回目になると、ツアーではなく個人で旅行を楽しむようになるようで、行き先も地方へと分散しているようだ。

リピーターとなるインバウンド需要を取り込むため、新たな手段として高速バスの利便性をより高めている。

 

【「日系MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

京成電鉄

成田空港


関連記事

ファーストフード業界の危機!?一方ファミレスは堅調

現代日本のファーストフードといえば、「牛丼」と「ハンバーガー」が代表格でしょうか。しかし2014年、この二つの業界に激震が走りました。大手牛丼チェーン「すき家」の人手不足騒動と、世界的ハンバーガーチェーン「マクドナルド」 […]

詳細を見る

【ホームページ制作】今更聞けない!WordPressで制作するメリットって?

ワードプレスイメージ

あなたがホームページを制作する目的は何ですか? WordPress(ワードプレス)でホームページを作るほうが良いと聞いたことはあるかもしれません。 ですが、一体何が良いのか知っている人はどれくらい居るのでしょうか。 今更 […]

詳細を見る

面接官が食いつく話題とは!?求職者は要チェック!!

求人を見ていざ応募したとしても、始まりはそこからだ。 書類選考から面接へと繋がるのが一般的な流れだが、面接は文字通り面接官と会って会話をすることが基本となる。 一体どういった会話をすれば印象にも選考にも残るようになるのだ […]

詳細を見る