被害が懸念される外来生物。

外来生物による被害

人の活動の結果として、他の地域から持ち込まれたものを外来生物といいます。今回紹介する種はすべて、環境省・農林水産省の「愛知目標達成のための侵略的外来種リスト作成会議」において、制御・根絶の優先度の高い種として掲載が検討されているものです。

 

セアカゴケグモ

オーストラリア原産で、丸くつやつやした真っ黒い体に、赤い縦条が腹部背面に入る。

1995年に発見されて以来、西日本を中心に分布を広げている。

温かい場所の物陰や、プランターの下、荷物の背後などに巣を作っており、室内に持ち込まれる危険性もあります。

有毒性が高く、噛まれると痛み、腫れを生じ、重症例では進行性の筋肉麻痺を生じることがあります。

 

アライグマ

北アメリカ原産で、70年代の人気アニメの「あらいぐまのラスカル」などで人気となり、ペットとして飼育する人が増えました。しかし、アライグマは気性が荒く、飼い切れずに遺棄されたものも多く、また天敵もおらず日本の気候にも馴染んだことから定着し、分布を広げていった。

現在ではほぼ日本全国に分布を拡大している。2011年には全道で1億円を超える農業被害額を出しています。

 

クリハラリス(タイワンリス)

もともと東南アジアを中心に分布しており、日本に定着したのはその台湾産亜種で、一般にタイワンリスと呼ばれています。本州から九州まで幅広く確認されていますが、特に神奈川を中心とする神奈川県東部で多数生息しています。

営巣のために家屋被害、電線などをかじる被害も生じています。

 

オオクチバス

北アメリカ原産の淡水魚で、「ブラックバス」の通称で知られています。

趣味の釣り対象としてゲリラ放流が繰り返され、現在においては日本のほぼ全域に生息しています。

これにより在来の魚類の生存を圧迫し、貴重な固有種が確認できなくなった湖や川もあります。

 

オオキンケイギク

北アメリカ原産で、もともと観賞用や緑化用に移入されたものだが、現在は沖縄を含む日本全国に分布しています。

生命力旺盛で、景観を一変させるほどの勢いで広がり、在来の植物を圧迫している。

 

 


関連記事

給与明細の読み方を知ってる!?知ってて役立つ正しい読み方とは。

社会人であれば毎月もらうであろう給与明細は、給与とともに内訳が記載されているかと思う。 しかし、給与明細の読み方についてしっかりと知っている社会人は多くないようで、大抵の人はぼんやり給与明細の残業代と銀行振込額を確認する […]

詳細を見る

建築模型ミュージアムが東京都内で今春開業!!

博物館は全国のあちこちにあるが、建築模型ばかりを展示した博物館は珍しい。 保管サービスの寺田倉庫(東京・品川)は、一般社団法人・日本建築文化保存協会と組んで建築家が建物を建設する際に作る建築模型を保管・展示する国内初の施 […]

詳細を見る

サービス付き高齢者向け住宅と訪問介護が連携!?

少子高齢化が進んでいる中、需要が高まっているのはデイサービスだけではない。 サービス付き高齢者住宅の需要が高まっており、いかにサービスの質を充実させて顧客を取り込むかとうところで競争が起きている。 そうした中、積水ハウス […]

詳細を見る