北陸で東京五輪合宿!?高まる自治体の招致合戦。

金沢駅

リオデジャネイロ五輪後をにらんで、既に自治体の東京五輪に向けた招致合戦が勃発している。

 

北陸で事前合宿の招致の競争激化!!

北陸で事前合宿招致の意向を示している市町(各県による)
石川県 金沢、白山、小松、輪島、志賀
福井県 福井、坂井、鯖江、越前、勝山、越前町、池田町、三浜町
富山県 富山、高岡、魚津、氷見、滑川、黒部、砺波、小矢部、南砺

北陸で各自治体の東京五輪に向けた事前合宿の招致合戦が激しさを増している。

石川県で招致に名乗り出た金沢市など5市町では、パンフには県や各自治体の魅力や体育館やグラウンドなど使用可能な施設が紹介されているほか、秋には専用ホームページが開設される予定となっている。

金沢市は6月に参加国選手らと地域住民の交流を促進する「ホストタウン」に登録されており、市はフランスのナンシー市と姉妹都市提携を結んでいて、同国の水泳チームの招致を目指す。

最大の武器は城北市民運動公園に約73億円を投じて建設を進めている屋内プールとなっている。

富山県では富山市など9市が招致の意向を示しており、既に南砺市にはカナダのカヌー競技の関係者3人が桂湖の視察に訪れていた。

両社は北陸新幹線で、東京から富山まで約2時間10分、金沢まで2時間半と、アクセスの良さをアピールしている。

福井県は福井市など8市町が招致に手を挙げている状態となっている。

各自治体で招致ができると、地域振興に繋がるためより力が入っているようだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

徘徊をアプリで見守り!!発信機で位置情報送信。

SNSサイトを運営するOFFLine(オフライン、東京・品川)はスマートフォン(スマホ)を使って高齢者の徘徊を管理するサービスを開始したとして話題とよんでいる。   増える認知症患者に対応!!アプリで徘徊を管理 […]

詳細を見る

ネット予約導入し消費者のニーズに応えるダイエー。

野菜

ダイエーが新たな集客手法を行い変革に乗り出している。 曜日を限定して定例の特売を行っていたが、一部で廃止したほか、インターネット予約サイトを開設するなどチラシ広告などのコストを抑えて購買行動をいかに捉えていくかといった具 […]

詳細を見る

お昼の居酒屋利用が増えている!?

お昼を居酒屋で楽しむといったシニアや親子連れ、修学旅行生が増えているという。 しっかり食べたい、夜出かけるのは難しい、訪日外国人が増えて団体で食事ができないといったケースが増えているため、お昼にも空いている居酒屋の宴会席 […]

詳細を見る