2016年のGWの予定は外食が1位!?旅行や買い物も人気に。

2016年のGWの予定は外食が1位!?旅行や買い物も人気に。

今年もだんだんと大型連休のゴールデンウィーク(GW)が近づいてきた。

毎年、経済状況によりGWの計画を変えている人が多いだろうが、今年は一体どういった傾向にあるのだろうか。

 

予算2万円未満が多数!!外食に旅行を楽しむ大型連休に!?

今年のゴールデンウィークは外食や旅行などを楽しむ人が多いとされている。

日経産業地域研究所が「GWにしたいこと」について聞いたところ、次のようになった。

 

●GWにしたい計画

1 外食
2 国内旅行
3 買い物
4 日帰りレジャー
5 自宅中心で過ごす
6 映画・演劇など芸術鑑賞
7 帰省

上位を占めたのは外食と買い物だった。

昨年に比べて支出を増やす人も多いようだ。

調査はマクロミルに依頼して、2月26日~28日にインターネットで実施。

今年のGW期間は4月29日~5月8日として、全国の20~60代の男女1000人から回答を得た結果となっている。

比率は外食(24.1%)、国内旅行(24.0%)、買い物(23.7%)とトップ3の比率は並んでおり、手軽に外出を楽しみたい人が多いようだ。

年代別では20代が高く、若い人ほど積極的にGWを楽しもうとしているようだ。

国内旅行を計画している人は京都など近畿圏や東京などの首都圏、北海道などが人気となっていた。

GW期間中の一人当たりの支出額については、「1万円未満」が21.3%、「1万~2万円未満」が19.0%と2万円未満で40.3%を占めていた。増額する理由については、昨年より外出する機会が増えるからなどの声が聞かれた。

GWの消費は連休の日数のほかに、収入の見通しによって左右される。

実際にGWの際の消費の動向が気になるところだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

メールでの求人応募の際の注意点って?

スマートフォン(スマホ)にタブレット(多機能携帯端末)など豊富なデバイスが世に出回ってきたことで最近ではバイトや派遣でも求人に関してメールで簡単に応募することができるようになっている。 メールなら多忙な採用担当者も自分の […]

詳細を見る

ビジネスにもプライベートにも使えるリュックは実はアウトドアブランド!?

仕事とプライベートで使うカバンは分けていますか。 ビジネスシーンで一般的に使われているバッグとプライベートで使うバッグはデザインや色などの観点から使い分けているという人も多いのではないでしょうか。 できればオンもオフも兼 […]

詳細を見る

街をブランド化して消費者目線で商品・サービスを生かす。

温泉

消費者のライフスタイルに合わせて地域ブランドつくりに乗り出したのは四国だ。 中小企業基盤整備機構四国本部(高松市)の後押しもあり、5地域の経営者グループが共通テーマを決めて商品やサービスを開発し、観光客などを取り込んでい […]

詳細を見る