SNSで話題!!見ても食べても楽しめるギョーザ!?

SNSで話題!!見ても食べても楽しめるギョーザ!?

ギョーザ人気がすさまじい。

そんな中、一風変わった具材や味付けで集客をする店が増えており、ご当地ギョーザやロボットがギョーザの箱詰めを実演するなど見ても食べても楽しい店作りが交流サイト(SNS)で話題となっているようだ。

 

愛媛で「みかん餃子」!?ロボットがギョーザを箱詰め!?

リンガーハットは、ギョーザ専門店「GYOZA LABO セブンパークアリオ柏店」を千葉県柏市に開いた。

「スィーツぎょうざ」として「スィーツぎょうざ さつまいもあん」など3種類を提供しており、白あんに国産のさつまいもを混ぜて、皮の上からメープルシロップをかけるといった個性的なものとなっている。

30~40代の女性の人気を集めているそうだ。

店頭では腕の形をしたロボットがギョーザを箱詰めしており、若い女性が写真を撮って楽しむなど幅広い集客に役立っているようだ。

際コーポレーション(東京・目黒)は、「紅虎餃子房」などの中華料理店で「ご当地ギョーザ」を期間限定で提供する。

青森県でシナモンとリンゴをあんに練りこんで揚げた「りんご餃子」やギョーザの上にオレンジのソースをかけてミカンの果実をのせた「みかん餃子」を愛媛県で販売するほか、高知県ではゆずの皮をのせてゆず酢で楽しむ「ゆず餃子」を投入するようだ。

また、青のりや紅しょうがなどをかけてお好み焼き風にした大阪府の「タイガー餃子」など、その地域の特色を反映させた商品展開をするとしている。

イートアンドは中華料理店「大阪王将」の一部店舗でギョーザにトッピングをほどこした「彩り餃子」の提供を開始。

ニンニクを大胆にのせたギョーザや細かく刻んだゆずの皮や白ねぎをのせたギョーザなどを展開している。

ギョーザは幅広い層に人気のメニューだが、店側は独自性を出して家庭ではつくれないようなギョーザの提供により集客を強化しているようだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

リンガーハット

際コーポレーション

イートアンド


関連記事

小さくたためる車椅子にプリンスホテルのシニア向けプラン!!

シニア向けの商品展開やホテルの宿泊プランなど、少子高齢化に伴ったサービス展開が続々と登場している。 年々増えていく高齢者をターゲットにしたビジネスに注目した。   小さく畳める2台目の車椅子需要を取り込む。 手 […]

詳細を見る

派遣労働って今どんな状況なの!?

今やアルバイトのような感覚で働けて、尚且つ良い時給をもらえるとして人々の生活の支えにもなっている人材派遣。 この派遣労働については法律が改正されたりすることもしばしば行われているなか、一体現在の状況はどのようになっている […]

詳細を見る

今、現役看護師の数が増えているって本当!?

看護師が不足していると嘆く病院や介護施設は非常に多いといわれており、国家資格である看護師免許を取得している人は引く手数多と言われている。 需要と供給のバランスが取れていないといったイメージが強い看護師だが、その看護師の数 […]

詳細を見る