社内SNSでメンタルヘルスの問題を早期発見へ!!

社内SNSでメンタルヘルスの問題を早期発見へ!!

交流サイト(SNS)で代表されるのはmixi(ミクシィ)、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)などだろうか。

中には写真の投稿だけに特化したものや、企業向け、社内向けの交流サイトも出てきているようだ。

 

ストレスチェックに対応!!社内SNSで早期発見へ!!

12月から従業員50人以上の企業に社員のストレスチェックが義務付けられることとなり、社員の中で希望者にはストレスチェックを受けてもらい、医師から問題ありとされた人には医師の指導等を受けてもらうといった内容となっている。

社内向け交流サイト大手のトークノート(東京・港)は、そうしたストレスチェックにあわせた新機能を追加するとしている。

 

どうやってSNSからストレスチェックを行うの!?

トークノートに追加される新機能はメンタルヘルス問題の早期発見を後押しするもので、SNSの利用状況を30日間以上観測し、一人ひとりのコメント投稿数や使用開始時間などのデータを蓄積し、リズムが大きく崩れたら通知するとしている。

もし心身の不調と判断された場合、管理者や人事担当者らに知らせるといった仕組みになっている。

コメント内容については、プライバシーの観点から分析はしないとしている。

 

新機能の追加料金は無料!!

社内向けSNSの料金は社員1人につき月430円からとなっているが、新機能を使うために追加の料金は発生しないこととなっている。

今後、ストレスチェックが浸透するにつれて利用する企業も増えていくとにらんでおり、今後3年以内で10万社のSNS導入を目指すとしている。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

生協が提案力に磨き顧客データを分析・活用へ。

メール

生協はコープの配達員全員にスマホを配備した。 これは、組合員の要望を汲み取るための策の一環で、コープさっぽろ(札幌市)ではスマホを片手に注文履歴を参考に「御用聞き」をする。 また、コープ東北サンネット事業連合(仙台市)は […]

詳細を見る

建築模型ミュージアムが東京都内で今春開業!!

博物館は全国のあちこちにあるが、建築模型ばかりを展示した博物館は珍しい。 保管サービスの寺田倉庫(東京・品川)は、一般社団法人・日本建築文化保存協会と組んで建築家が建物を建設する際に作る建築模型を保管・展示する国内初の施 […]

詳細を見る

あえて苦行を行う!?密かに人気の巡礼とは

古くからあった巡礼は、元々は僧侶や貴族階級の“願掛け”として行われてきた。当時は修行という意味合いもあり、その道のりは険しいものであったようだが、現代では、あえてその苦行を行う四国八十八ヶ所霊場の“通し打ち”などを求める […]

詳細を見る