幸せのハーゲンハートって!?特設サイトをかかげ消費者に便乗。

ハーゲンダッツ

アイスはよく食べますか?

涼しくなってきた今でもアイスが好きでよく食べているという人も多いでしょう。

そのアイスクリームの中でも高級とされている、ハーゲンダッツ ジャパン(東京・目黒)が発売しているハーゲンダッツですが、今、消費者の新たな楽しみ方に便乗する形でプロモーションを行っているようだ。

 

幸せのハーゲンハートを探せ。

ハーゲンダッツ ジャパンが、新たに特設サイトを開設した。

そこには、アイス「ハーゲンダッツ ミニカップ」の内側をめくるとハート形の空洞が現れることがあり、これを「ハーゲンハート」として種類や出現率を紹介している。

この空洞はアイスクリーム原液を容器に入れて冷凍する際にできるもので、偶然にハートのような形になることがあるという。

もともと、偶然出来たハート形が交流サイト(SNS)に消費者が投稿していたことから始まったものだ。

そこで、ブランドメッセージの「し合わせだけで、できている」だったことも踏まえて、「幸せのハーゲンハート探し」と題して特設サイトを開設することとなった。

特設サイトに掲載している11種類の「ハーゲンハート」の出現率については、担当者らが実際に約1000個の商品を開けて調べたという。

ちなみに、綺麗な形のクリアハートの出現確率はわずか0.2%だという。

そして、さらにレアなのは、空洞ではなく、逆にハートの形のふくらみができた「ポジティブハート」の出現確率は0.1%だという。

SNSの普及で、メーカーがリアルタイムで消費者の反応を把握しやすくなった今、こうした消費者の反応を拾ってメーカーが逆提案を行い、さらにSNSの高い発進力でさらに話題となる好循環が出来上がっているようだ。

消費者による新たな楽しみ方をメーカー側も発信することで、新たなサイクルが生まれるのかもしれない。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

ハーゲンダッツ


関連記事

シニア向け掃除機で親孝行!?

掃除機

パナソニックが発売したシニア向け掃除機が好調だ。 重量を軽くしてお年寄りでも持ちやすく動かしやすくしたことが販売好調の背景にある。 また、離れて暮らす子供が老親にプレゼントする、親孝行需要の取り込みにつながっているとされ […]

詳細を見る

高齢者向けサービスや介護ロボの研究進む。

空と音符

シニアビジネスが加速している。 カラオケ大手の第一興商はシニア市場向けのカラオケ機器の新機種を発売するほか、北九州市では介護ロボットの実用化に向けたロボット技術の検証が行われている。   より過ごしやすく、より […]

詳細を見る

タカキューがバイト従業員を一斉研修で接客強化!!

中堅紳士服専門店のタカキューはアルバイト従業員を対象にして一斉研修を導入し、新規スタッフの指導は関東や関西など地区別に従業員を集めて、接客やクレーム対応などを教え込み、接客を強化すると共に離職を防ぐとしている。 今までは […]

詳細を見る