時給引き上げするも人手不足で経営に打撃。事業拡大拒む要因に。

人材

流通サービス業で特に深刻な人手不足となっており、経営の足かせとなっているようだ。

その他、飲食店や食品販売、旅館・ホテルなどにおいても半数以上が人手不足で悩んでいるようだ。

 

人材難一段と深刻に。流通サービスで目立つ。

帝国データバンクの7月調査で約1万社のうち、正社員で39.7%、非正社員で24.9%が「不足」と回答をしていた。

業種 「不足」と答えた割合
<正社員が不足>
放送 76.9%
家電・情報機器小売 65.0
情報サービス 60.0
飲食料品小売 58.6
自動車・同部品小売 54.2
<正社員以外が不足>
飲食店 79.5
飲食料品小売 63.8
娯楽サービス 63.0
旅館・ホテル 57.1
メンテナンス・警備・検査 50.4

※帝国データバンク調べ。

業種別に調査結果を見ると、「放送」が1位で4.7ポイント上昇で、2位は「家電・情報機器小売」が26.1ポイント上昇となった。

スマートフォン(スマホ)や白物家電などを説明しながら接客できる販売員が少ないと考えられている。

一方、パートタイマーやアルバイトといった非正社員では「飲食店」が79.5%と目立っていた。

人材難に加えて売上が上昇する要素が少ないことから事業拡大などが難しい悪循環になっているようだ。

流通サービス業においては「雇用のミスマッチ」から求人倍率の高止まりに繋がっている。

食品スーパーや外食チェーンでは70歳以上のパート従業員を継続雇用するなどで対策はしているものの、雇用のミスマッチが長引いており、店舗運営の仕組みそのものを変える必要があるのかもしれない。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

帝国データバンク


関連記事

認知症予防には運動よりも料理が効果的!?

認知症の高齢者の徘徊などが社会問題となっている。 少子高齢化の影響により日本においては特に認知症予防への対策が急務となっているような状態だ。 認知症を未然に防ぐためには適度な運動が効果的とされていたが、運動以上に効果的と […]

詳細を見る

リンガーハットがちゃんぽんを7%の値上げ実施。

「長崎ちゃんぽん」などで有名なリンガーハットが、ちゃんぽんを7%値上げするとしている。 人件費の上昇や原材料費の高騰などが値上げの主な理由のようだ。   人件費や材料費を吸収しつつ、客離れを抑えられるか!? 「 […]

詳細を見る

腰の負担を減らすサポーターが介護職員などに人気!!

介護職員や高齢農家の悩みは腰への負担だろう。 そうした悩みを解決してくれる商品が割安な値段で販売されるようだ。   腰の曲げ伸ばしも問題なし!?全身サポートしていくれるサポーター。 消防車両メーカー最大手のモリ […]

詳細を見る