建築模型ミュージアムが東京都内で今春開業!!

建築模型ミュージアムが東京都内で今春開業!!

博物館は全国のあちこちにあるが、建築模型ばかりを展示した博物館は珍しい。

保管サービスの寺田倉庫(東京・品川)は、一般社団法人・日本建築文化保存協会と組んで建築家が建物を建設する際に作る建築模型を保管・展示する国内初の施設を開業するとして話題となっている。

ありそうでなかった建築模型の博物館!!マニアが殺到の予感?

今春、同社本社内に開くのが建築模型ばかりを展示した「建築模型ミュージアム」だ。

建築愛好家や日本に急増している訪日外国人らに日本の建築の魅力を、「建築模型ミュージアム」を通じて発信するとしている。

建築模型ミュージアムでは、国内外で活躍している日本人建築家らの模型を保管しながら来場者が鑑賞できるようにするとしており、保管場所に悩んでいた建築家のサポートにもなるとしている。

建築模型は資料や芸術品としての価値が高い一方で、保存や活用の仕方など整っていないといった問題があった。

模型の近くには2次元バーコード(QRコード)を掲示し、来場者がスマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)で読み取ると出展者の活動内容や完成建物の写真などを閲覧できるようにするとしている。

現地の天王洲地区は文科系の催しが多く、集客上の相乗効果も期待されている。

建築模型の展示は国内初であることから、全国から建築模型のマニアも集まることが想定されている。

開館時間は午前10時~午後6時で、月曜休館となっている。

入館料は大人1000円となる。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

会話ロボが介護の現場で人手不足を補う!?

ロボット

グループホーム大手のメディカル・ケア・サービス(MCS、さいたま市)は、介護施設でのIT(情報技術)化を加速させており、例えば、入居者の睡眠状態をセンサーで把握したり、会話ロボットを導入することで人手不足を補うといった内 […]

詳細を見る

格安で天ぷらが食べ放題!?常にできたてを食べられるの?

天ぷらをお腹一杯食べたいと思ったことはないだろうか。 一般的に高級な和食といったイメージが強い天ぷらだが、居酒屋「九州熱中屋」などを運営するダイヤモンドダイニング子会社のゴールデンマジック(東京・港)は新たに天ぷらを扱う […]

詳細を見る

小売り・飲食、低迷が続く。円高、株安など不安材料豊富。

流通サービス業の経営者や従業員の景気見通しが一段と厳しくなっている。 内閣府が発表した6月の景気ウォッチャー調査では、景気の現状判断指数(DI)は5月より低くなっていた。 英国の欧州連合(EU)離脱決定を受け、円高と株安 […]

詳細を見る