社風や雰囲気が伝わりやすい求人メディアが登場!!

社風や雰囲気が伝わりやすい求人メディアが登場!!

求人募集は採用担当者にとって悩みのタネとなるだろう。

紙媒体で求人をかけるのか、ネット媒体で求人をかけるのかなどから考えることが多い。

人材サービスのリブリッジ(東京・千代田)は、社風や職場の雰囲気が伝わる「グーカ」をリリースしたことで注目が集まっている。

 

雰囲気をビジュアルで表現する求人って?

求人は紙媒体でもネット媒体でも様々なタイプがある。

しかし、内容はいずれも似たり寄ったりで掲載されている写真から得られる社風などの情報は乏しいことが多数だ。

そこで「グーカ」においては社風や企業文化に共感する仲間を集めるための求人メディアとして登場した。

コンセプトは「Webで社内見学」だ。

求人企業が持つ雰囲気や情熱といった全体的な雰囲気を写真中心のビジュアルで表現し、共感できる職場や仕事を発見してもらうといったことに重点を置いている。

 

簡単に求人情報ページの作成も可能!?

そして嬉しいのが管理者ツールを使えば企業情報や求人情報のページが作成でき、動画・静止画などを含めて150枚以上の写真が掲載できるといった特徴だ。

また、求人情報の発信業務を社員全員で促進できるほか、社員が保有している写真を管理ツールで一括依頼をかけることができる。

グーカはこれまでの求人の弱点となっていた部分を強化した求人メディアとなっており、今まで伝え切れなかった自社の魅力が伝える求人になるとして期待を寄せられている。

今後も若年者の就職志向に寄り添った新たな採用手法を提案していきたいと関係者は話していた。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

高齢者支援ロボの研究が加速!?少子高齢化に急務。

少子高齢化は加速を続けている。 介護職員の募集は各介護施設で頻繁に行われており、介護に関する資格を所有しているものは引く手数多な状態となっている。 しかし、求人をどれだけ出しても人手不足は解消されず、派遣会社に依頼をして […]

詳細を見る

大阪のハンモックカフェに広島市のマツダスタジアムでゴロゴロできるサービスがあるの!?

休みの日はついつい家でゴロゴロしてしまうなんて人も多いのではないだろうか。 実は、寝転がりながら食事をしたりと自宅ではなかなか味わえないリラックス感を得られるサービスが人気となってるようだ。 外出先とは思えないくつろぎ方 […]

詳細を見る

自立支援制度窓口相談増える。年金だけでできない生活。

年金だけでは暮らしていけない。 少子高齢化が顕著になっている現代においてはこうした声が絶えない。 生活に困った人を生活保護の手前で支える生活困窮者自立支援制度が昨年4月に始まり自治体には相談窓口が設けられたが、高齢者の姿 […]

詳細を見る