訪問介護にタブレットを活用!!ソラストの新サービス。

介護

医療事務受託や介護事業を手がけているソラストは訪問介護事業にタブレット(多機能形態端末)を導入した新サービスを実施する。

 

職員1000人にタブレット配布!!負担軽減で人手不足に対処。

介護の業界では特に人手不足が深刻な状況が続いている。

そこでソラストは、みずほ情報総研(東京・千代田)と共同開発した訪問介護支援システムをタブレットに搭載するとしている。

介護サービスを提供する際には、その都度記録する必要があったが、従来は手書きで行っていたため介護職員の負担が大きかった。

新サービスではタブレットでサービスを記録できるほか、職員のシフト管理や請求に用いる書類作成の電子化も実現した。

これにより、事務作業にかかる時間を、1人あたり月10時間ほど削減することができたようだ。

そして何より、タブレット上でサービス利用者に関する情報を見られる時間と場所を制限できるといった、高い情報管理機能だ。

タブレットは便利なツールだが、情報漏えいのリスクがつきまとう。

今回、職員に配布したタブレットは、例えば利用者の自宅から半径10メートル以上離れるとロックがかかる設定ができるようにした。

仮にタブレットが盗難にあったとしても、サービス利用者の情報が盗まれるリスクが大きく減ることになる。

今回のタブレット導入により、記録ミスや情報流出のリスクが減るだけでなく、事務作業の負担が減るため、職員はより多くサービスを提供できるようになるとして売上増加に繋がることが期待されている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

ソラスト


関連記事

外国人の家事代行が来春から神奈川でスタート!!大阪も視野に?

共働き世帯の増加に伴い急激に増えているのが家事代行サービスだ。 家事代行サービスはたとえば2時間の契約時間中に、家の掃除や洗濯などを代わりに行ってくれるといったサービスで、清掃業者などが中心となって参入している。 その家 […]

詳細を見る

生活に関する川柳作品の公募!!

五・七・五で季語を入れて歌われる川柳は昔から日本において親しまれてきた。 現代においては、生活に関することを川柳にしたものを公募で作品の募集をしている。 ひねりをきかせた川柳を応募してみよう!!   「台所・お […]

詳細を見る

今、現役看護師の数が増えているって本当!?

看護師が不足していると嘆く病院や介護施設は非常に多いといわれており、国家資格である看護師免許を取得している人は引く手数多と言われている。 需要と供給のバランスが取れていないといったイメージが強い看護師だが、その看護師の数 […]

詳細を見る