ゼンショーホールディングスがM&A再開へ。

スーパーマーケット

ゼンショーホールディングスは群馬県の中堅スーパー、フジタコーポレーション(群馬県太田市)を買収する。

フジタコーポレーションは後継者問題に直面しており、次の株主を探していたという。

 

負のイメージから回復のゼンショーが買収先候補へ。

フジマート葛生活(栃木県佐野市)ではもやし9円、牛肉コロッケ190円、豆腐19円など手ごろな値段の商品を並べており、地域の顧客からの支持を集めている。

店舗は「でりしゃす」や高級食材を扱う「マルシェ」などと含めて合計44店を運営しており、収益状況も健全で大手食品スーパーと遜色ない水準となっている。

手持ちの現金も潤沢で資金繰りに困っているわけではないが、後継者問題から手放すことにいたった。

ゼンショーは12年にマルヤ(埼玉県春日部市)を買収してスーパー事業に参入しており、その後にM&A(合併・買収)を繰り返すことで小売事業の規模を拡大してきたが、14年春ごろの「すき家」の過重労働問題から途絶えることになった。

約6割にあたる約1600店のすき家で深夜営業を休止し、建て直しに力を入れることになった。

もう一つは、異業種からの参入による不安がある。外食大手がスーパー運営を行った例はなく、マルヤを買収した当初から業界内ではお手並み拝見といった目で見られていたようだ。

マルヤは不採算店の閉店や自社ブランド商品の拡充で採算を改善して、16年3月期には1億円だが黒字化になった。

また、すき家のアルバイト採用数を増やして、労働環境を改善するなど深夜営業の休止店舗も9月末時点では132店舗になるなど減少した。

これによりゼンショーHDも譲渡候補の1つ目とされるようになり、再びM&Aを再開することになったようだ。

【「日経MJ」より一部抜粋】


関連記事

牛カツ専門店、4年で100店に拡大へ。

牛カツ

肉料理チェーン店を運営するゴリップ(京都市)は2020年7月期まで牛カツ専門店「京都勝牛」を100店と現在の4倍に増やす計画だ。 立地などで店舗を3タイプに分けて、フランチャイズチェーン(FC)の加盟店の募集を本格的に開 […]

詳細を見る

体はヘビー級、冗談はライト級!!ぽっちゃり男子がモテている!?

恰幅のいい体つきの人はマイナスイメージを持たれがちだったが、今は逆にからだつきが「ぽっちゃり」しているくらいの「ぽっちゃり男子」がモテているようだ。 様々な場所で活躍し始めており注目を集めている。   ぽっちゃ […]

詳細を見る

医療・福祉の就業者が約10万人増えている!?

総務省が公開した2015年国勢調査の抽出速報集計結果では、卸・小売の就業者数は20万人減り、逆に医療・福祉については約10万人が増えたという。 この背景には働く女性の存在感の高まりがあるようだ。   国勢調査で […]

詳細を見る