訪日外国人向けの地図検索アプリが誕生!!

訪日外国人向けの地図検索アプリが誕生!!

ビザの発給緩和や公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」の整備などで2020年東京オリンピック招致活動により年々、中国や韓国などアジア圏を中心とし、訪日外国人が急増している。

そうした訪日外国人の旺盛な需要を取り込むアプリが誕生したようだ。

 

免税店地図検索スマホアプリって!?

JTBとJCBの共同出資会社であるJ&J事業創造(東京・港)は、英語などで免税店や病院の場所を検索できるスマートフォン(スマホ)用アプリを開発した。

免税店の情報を全地球測位システム(GPS)を使い、地図上に現在地から目的地までのルートも表示できるようになっている。

個人で旅行をする訪日外国人も増えており、訪日外国人の利用を見込むとしている。

 

あらゆる言語に対応したアプリで利便性を高める!!

同アプリは旅行会社や小売業者で構成するジャパンショッピングツーリズム協会の公式アプリのコンテンツとして提供するとしており、免税店は約1万7000店、病院は17万箇所、対応する言語は英語や中国語、韓国語、タイ語で検索することができる。

さらに、今後はベンチやトイレの場所などを検索できる項目を増やし、さらに利便性を高めて利用者獲得を目指すのが狙いだ。

利用者がどの地点で利用しているかといった情報を分析し、観光地の受け入れ体制の整備などにも応用していく。

免税店をよりわかりやすく探せるようにすることで、インバウンド消費の増加を狙う。

 

【「産経新聞」より一部抜粋。】


関連記事

アラフィフの主婦も就活!?インターンを行う人材派遣会社ビースタイル。

子育ても落ち着いて、仕事に復帰しようと思うが離職してから時間が経っているため、なかなか就職に踏み出せないという50歳前後の女性は多いのではないだろうか。 そこで、人材紹介のビースタイル(東京・新宿)は、「アラフィフ」世代 […]

詳細を見る

求人が増えている飲食、塾、小売業界。人手不足深刻に。

日本ではどこの業界も人材不足が嘆かれているが、特に飲食店、塾、小売業界については人材採用が著しく続いており、5月の新規求人数は、それぞれ2桁を記録するなど大きく伸びている。   高まる求人倍率。全体の倍率が24 […]

詳細を見る

「良い会社」を面接で見抜く方法って?実力を見抜く面接官の技。

求人にいざ応募して面接となった際に、どうしても緊張してしまうことだろう。 特に新卒採用となれば初めての就職活動で慣れない面接を受けるため緊張するだろう。 そうした中でも面接を受ける側としては、本当に良い会社なのかという点 […]

詳細を見る