まるでカフェ!?NOVAが20代女子をターゲットにした英会話を開始!!

まるでカフェ!?NOVAが20代女子をターゲットにした英会話を開始!!

英会話教室「NOVA」を運営するNOVAホールディングス(NOVAHD、東京・港)は、カフェ風の教室に変えて20代のおしゃれ感度の高い女性をターゲットに集客を強化するとしている。

 

オンライン英会話では味わえない、おしゃれな英会話を!!

JR錦糸町駅(東京・墨田)に、「コンセプトNOVA」が開設された。

カフェ風の教室の1号店で、木目調の壁紙や間接照明を使った内装で、生徒はソファに座りながら英会話を学ぶというものだ。

今後は原則、「コンセプトNOVA」を出店していく方針で、既存校舎も改装の際に、順次切り替えていくとしている。

芽ヶ崎校(神奈川県芽ヶ崎市)では城や水色を基調とした壁紙とサーフボードをオブジェにし、海をイメージした校舎とした。

赤羽校(東京・北)は、ノスタルジーがテーマとなっているなど、店舗によってコンセプトを変えていくとしている。

NOVAに通う学生には、おしゃれなライフスタイルの一環として英会話を学ぶ人が多く、インテリアや装飾にこだわった雰囲気で外国人の先生たちとコミュニケーションを楽しむとしている。

経済産業省の調査によれば、15年度の外国語会話教室の売上高は約853億円で14年度に比べ3%ほど増加がみられた。

今後も東京五輪・パラリンピックを2020年に控えた日本では伸びが続きそうだ。

一方、レアジョブをはじめとする無料通話ソフト「スカイプ」を使ったオンライン英会話サービスや英会話アプリも続々と登場しており、英会話サービスのニーズが伸びてきていることがわかる。

消費者のニーズに合わせて形態を変えることが重要になりそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

英会話のNOVA


関連記事

サービス付き高齢者向け住宅と訪問介護が連携!?

少子高齢化が進んでいる中、需要が高まっているのはデイサービスだけではない。 サービス付き高齢者住宅の需要が高まっており、いかにサービスの質を充実させて顧客を取り込むかとうところで競争が起きている。 そうした中、積水ハウス […]

詳細を見る

シニアの孫へのギフト需要。児童書の売上が好調!

絵本を読む親子

児童書の売上が好調なようだ。 2015年度の書籍全体の店頭売上が0.6%減っているものの、児童書の売上は5.8%増となっている。 この背景にあるのは、シニアの孫へのプレゼント需要にあるようだ。 スマートフォン(スマホ)が […]

詳細を見る

日産「インフィニティ」は世界で苦闘!?他社高級車が強力な存在感。

日産自動車が高級車ブランド「インフィニティ」のグローバル化と苦闘しており、事業活動自体は世界50以上の国や地域に広がったが、車種構成の見直しなどによって中国の富裕層に狙いを定めて、欧州勢に挑むとしている。 インフィニティ […]

詳細を見る