生協が提案力に磨き顧客データを分析・活用へ。

メール

生協はコープの配達員全員にスマホを配備した。

これは、組合員の要望を汲み取るための策の一環で、コープさっぽろ(札幌市)ではスマホを片手に注文履歴を参考に「御用聞き」をする。

また、コープ東北サンネット事業連合(仙台市)は購買動向から顧客を10タイプに分類してメールマガジンの配信実験を開始した。

提案力を強化して、競争力を高めていく。

コープさっぽろは専用スマホで御用聞き!!

専用スマホの導入により、顧客の宅配に関する要望が閲覧できるようになった。

これにより、たとえば前回の配達時に「不在なので、注文品は勝手口に置いてほしい」といった要望があれば、配達前にチェックできるようになる。もし、新規や代理の配達員に変わったとしても引き継げるため顧客の要望に応えることができるようになる仕組みだ。

また、お薦め商品の前年の購買内容も自動で表示されるようになっており、今年にまだ注文がなければ購入を促すとしている。

この新端末による満足度の向上を狙い、宅配サービスの拡大を狙う。

コープ東北サンネット事業連合はメルマガで提案。

宮城県と福島県の組合員、約3万人を対象としたメールマガジンの配信の実証実験を日本ユニシスなどと共同で開始した。

内容は購入履歴を分析して、「健康志向」や「安さ重視」といった10タイプに分類して、各グループに合わせたお薦め商品を掲載したメールを週に1回配信するというものだ。

売上やメールの開封率などから効果を検証して、来年度からは東北6県の組合員に配信するとしている。

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

コープさっぽろ

コープ東北サンネット事業連合mail


関連記事

スマホがリモコンに!?監視カメラや照明操作も?

スマートフォン(スマホ)の普及は著しく、仕事でもプライベートでもスマートフォンは欠かせないといった人が多いのではないだろうか。 そのスマートフォンと組み合わせて使う家庭用電子機器が続々と登場しており、注目を集めているよう […]

詳細を見る

良品計画は女性パートを積極採用。労働力の8割は女性!!

女性の社会進出が顕著になっている。 たとえば最近、トラック運転手の人手不足が嘆かれているが、その人材を補うために職場環境から女性が過ごしやすくし、女性ドライバーを採用するなど行っている企業が増えている。 良品計画において […]

詳細を見る

森永製菓が居酒屋と連携しデザートや甘酒提供。

甘酒

甘酒を若者へ販促すべく、森永製菓は居酒屋チェーンと連携して甘酒を使った限定メニューを打ち出す。 交流サイト(SNS)を使ったキャンペーンサイトを実施するなどして、若い世代に訴える。   ジー・テイスト×森永製菓 […]

詳細を見る