ソニーが常駐看護の有料老人ホームを来春開業へ。

ソニーが常駐看護の有料老人ホームを来春開業へ。

少子高齢化に伴い、介護施設に入れない高齢者があふれ出していることと共に介護・看護の業務に携わる人材不足が嘆かれている。

そうした中、異業種からの福祉業界への参入が相次いでいる。

来春にはソニーが初となる介護付き有料老人ホームをオープンさせるようだ。

 

ソニーの有料老人ホームのブランドは「SONARE(ソナーレ)」!!

ソニー・ライフケア(東京・渋谷)は、同社初となる介護付き有料老人ホーム「ソナーレ祖師ヶ谷大蔵」を2016年4月に開業することを発表した。

介護職を24時間常駐させて手厚い介護を提供しつつ、入居者それぞれの生活に合わせた身体能力の活性化や社会性維持に役立つイベントを企画するとしている。

ソニー・ライフケア子会社のライフケアデザイン(東京・渋谷)が運営をする。

地上3階建てで、居室数は46室で、入居対象となるのは、要介護・要支援が必要な原則満65歳以上となる。

12月中旬にも入居募集を始める予定だという。

料金は月額50万円程度を想定している。

ソニーが行う介護施設の特徴は、老いても自分らしい生活を永く安心してすごすことができる「生活重視」の運営理念を掲げている。

 

ソナーレには「ライフマネージャー」など職員の配置が充実!!

施設には「ライフマネージャー」と呼ばれる職員が配置されることとなっている。

ライフマネージャーは、入居者様それぞれの生活に合わせた機能訓練やレクリエーションを実施するとしている。

また、1人以上の介護職員、看護職員を週40時間換算で2人の入居者に対し配置するとしており、家族も安心して入居をすすめられるような万全の体制を整えている。

今後も同社は同ブランドの福祉施設を展開していくことが考えられている。

 

【「日系MJ」より一部抜粋。】


関連記事

あなたは大丈夫?適切なストーカー対策をしましょう。

「自分は大丈夫!!」などと何事にも過信をしていないだろうか? そういう人が被害にあっているのがストーカーだ。 ストーカー被害の把握件数が昨年に過去最多2万2823件になり、潜在的なものを含めるとさらに莫大な数字となるだろ […]

詳細を見る

自分の中にあるイメージを形にしよう!アート公募!

アートと一口に言えど、平面から立体、無形から有形など様々なものが世の中には存在する。今回紹介するのは、3種のそれぞれ異なる、アートに関する公募です。 受賞者はアーティストとしてスポンサーがつく!? 寺田倉庫が主催するのは […]

詳細を見る

福祉や人材派遣が増加。5月の倒産は今年最少に。

企業倒産の小康状態が続いている。 東京商工リサーチがまとめた5月の倒産件数は前年同月比7.3%減の671件と今年に入ってから最少という結果だった一方で、福祉・介護やッ雑貨卸の倒産が増えるなど業種によっては増えていた。 & […]

詳細を見る