ファミリーマートが「中食」のテコ入れへ。

酢豚

コンビニエンスストア大手のファミリーマートが弁当や総菜といった「中食」のテコ入れを行い、強化を試みているようだ。

今秋には総菜の全面刷新を開始したほか、おにぎり製造工場を見直すなどで1店舗1日当たりの売上高(日販)が上向きはじめるなど成果が確認できている。

 

ファミマグループの日半拡大へ。中食強化で底上げを。

今回、7月に刷新したおにぎりに関しては、ご飯の炊飯方法から成形工程を見直しており、ふっくらとした食感にこだわったほか、海苔の包装でもゆとりを持たせて、従来より割れにくくした。

実は6月にはサンドイッチも刷新しており、毎月必ず食品のカテゴリーで改革を行ってきている。

その結果、8月には初めて日販が2万円を突破するなど目だった成果を出していた。

8月からは総菜の全面刷新にも着手しており、焼き魚やシチューといった冷蔵の総菜はガスを充填する方法で鮮度を高めた。

さらに10月からは各店舗に大型フライヤーや常温総菜の専用販売ケースを導入しており、てんぷらや中華といった商品の販売も増やしていく。

こうした店舗改革だけでは終わらない。

今、課題となっているのは、9月に経営統合したサークルKサンクスに、こうしたノウハウをどのように浸透させていくかといった部分だ。

商品は早ければ17年春までファミマと共通する計画となっている。

遅くとも2019年2月末までにはこれらの店舗のファミマ化を前倒しで進めつつ、同時に全体の日販をどれだけ高めることができるかがカギとなっている。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

腰の負担を減らすサポーターが介護職員などに人気!!

介護職員や高齢農家の悩みは腰への負担だろう。 そうした悩みを解決してくれる商品が割安な値段で販売されるようだ。   腰の曲げ伸ばしも問題なし!?全身サポートしていくれるサポーター。 消防車両メーカー最大手のモリ […]

詳細を見る

コンビニ各社でシニア採用の動きが活発化。

以前勤務していた職場を定年退職し、第二の就職先を求めている60歳以上のシニアの人々はたくさんいる。 そうした中、コンビニチェーン店各社がシニアの採用を積極的に進めているようだ。 その背景にあるのは一体何なのだろうか。 & […]

詳細を見る

自動車工場にも女性の社会進出の促進へ。働きやすい職場環境へ。

自動車業界で女性が働きやすい環境にするための動きが拡大しつつあるようだ。 妊婦でも座って作業ができるようにしたり工具の素材を軽くするなど女性目線ので改善がなされている。 少子高齢化で労働力が減少するなか、女性の社会進出と […]

詳細を見る