ボーネルドが販路拡大へ。知育玩具体験コーナー設置など。

知育玩具

赤ちゃん本舗や東急ハンズなどに販路を広げるのは、ボーネルンド(東京・渋谷)だ。

これまで主力の知育玩具は直営店を除くと百貨店のみでの取り扱いが主流だったが、百貨店自体の集客力が低下していることから、これ以上の伸びは期待できない。

そこで、これまで接点が薄かった20代の来店が多い店舗を中心にコーナーを展開することにした。

 

20代の若い親をターゲットに知育玩具を訴求。

赤ちゃん本舗が畝意する「アカチャンホンポ」のほか、東急ハンズや家電量販店で知育玩具のコーナーの展開を始めた。

ボーネルドの棚を各店舗の玩具コーナーに設けて、実際に触って体験してもらえるようにサンプル品を展示するなど子供を取り込む作戦だ。

韓国のジムワールド社が手がける、海外でも人気の知育玩具「マグ・フォーマー」(価格は1620~5万8320円)など取り扱っている。

三角や四角などの形をしたブロックを、内蔵された磁石を利用して組み合わせて、立体構造や造形を遊びながら楽しく学ぶことができる。

これまで家電量販店でミニチュアカーを取り扱う例があったが、知育玩具については百貨店の子供向け売り場が大半で、百貨店においては祖父母が孫にプレゼント目的で購入するケースが多くなっている。

玩具市場が低迷する中、知育玩具は好調のようで、今後も伸びが期待できる。小さな頃から勉強させたいという母親の教育熱の高まりが背景にあると見られている。

【「日経MJ」より一部抜粋。】

 


関連記事

地球温暖化とオゾン層のことを知っている?

ozon

地球上の生物にとって重要な役割を果たしているオゾン層に、温室効果ガスによる地球温暖化問題について知っているだろうか。 オゾン層の効果って? オゾン層は強い酸化力があり有害な物質であるが、地球上の成層圏に広がっている濃度の […]

詳細を見る

消費税って一体なに?おさらいと世界の消費税について

zeikin

毎日の生活の中で最も意識する税金である消費税は現在8%。1989年に3%の税率で開始されたこの税金の詳細を少し見てみましょう。 消費税の分類について 消費税には「直接消費税」と「間接消費税」が存在します。更に間接消費税は […]

詳細を見る

「良い会社」を面接で見抜く方法って?実力を見抜く面接官の技。

suit

求人にいざ応募して面接となった際に、どうしても緊張してしまうことだろう。 特に新卒採用となれば初めての就職活動で慣れない面接を受けるため緊張するだろう。 そうした中でも面接を受ける側としては、本当に良い会社なのかという点 […]

詳細を見る