かつ久の出店で既存ファミレスの業態変換の受け皿にも。

とんかつ

すかいらーくは、とんかつ専門店の新業態「かつ久」の出店を開始した。

銘柄豚を使うなど食材のこだわりも注目されており、専門店らしい接客やサービスを行う。

既存のファミリーレストランの業態転換の受け皿としても活用を検討しているようだ。

 

計画を上回る売り上げ!?専門店の味を楽しめるとんかつ屋。

「かつ久 大和鶴間店」は神奈川県大和市のロードサイドに開業した。

テーブルは4人がけが基本となっているが、幼い子供や三世代客を意識して、座敷席や半個室、カウンターといった席も用意している。

内外装は木材を取り入れており、上品さを演出している落ち着いた空間となっている。

店内は夫婦連れやシニアでにぎわっており、夕食時間が近づくとほぼ満席となる。

計画を上回る人気なようで、メニューは専門店らしく複数の銘柄や部位のとんかつが並んでいる。

牛かつやマグロのかつなども用意しており、定番メニューである「熟成ロースかつ定食」で1069円となっている。

食材はチルド状態で店内に配送され、肉を店内で加工して揚げており、ジューシーでやわらかい食感を楽しむことができるようになっている。

サービス面でも専門店らしさを打ち出しており、料理を注文すると、まず人数分の千切りキャベツを山盛りにした大皿が提供され、2種類のドレッシングを楽しんでいる間に、メインの揚げたてのとんかつが提供されるという仕組みだ。

店員のオペレーションを考えると、料理をすべて一緒に乗せて運ぶほうがテーブルまで往復する数も減って効率的ではあるが、外食としてのエンターテインメント性を追求するために、あえて非効率な手順でサービスを組み込んでいるという。

こうしたところに専門店ならではのこだわりを感じる。

ロードサイドを中心に出店してきた主力のファミレス「ガスト」は地方都市の人口減少や高齢化を背景に、店舗過剰が指摘されはじめており、すかいらーくが成長していくためにも専門店ブランドが必要と判断したことから、かつ久の出店が始まった。

いかに軌道に乗せることができるかどうかがポイントとなるだろう。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

面接官が食いつく話題とは!?求職者は要チェック!!

求人を見ていざ応募したとしても、始まりはそこからだ。 書類選考から面接へと繋がるのが一般的な流れだが、面接は文字通り面接官と会って会話をすることが基本となる。 一体どういった会話をすれば印象にも選考にも残るようになるのだ […]

詳細を見る

ホテル稼働率の低下続く。円高が影響か。

梅田の街並み

東京や大阪の主要ホテルで好調だった客足が減退している。 5ヶ月連続の前年割れとなっており、夏の旅行シーズンに訪日外国人や家族客を取り込みきれなかったようだ。   訪日外国人の郊外流出や円高が影響!?ホテルの客足 […]

詳細を見る

腰の負担を減らすサポーターが介護職員などに人気!!

介護職員や高齢農家の悩みは腰への負担だろう。 そうした悩みを解決してくれる商品が割安な値段で販売されるようだ。   腰の曲げ伸ばしも問題なし!?全身サポートしていくれるサポーター。 消防車両メーカー最大手のモリ […]

詳細を見る